中国メディア・東方網は13日、日本で行われたスポーツ選手の好感度調査に基づき発表されたランキングで、フィギュアスケートの羽生結弦選手が1位を獲得する一方、打倒中国に燃える日本の卓球界からは1人もトップ10に入らなかったと報じた。

 記事は、日本のある機関が実施した「スポーツ選手印象評価調査」の結果に基づく好感度トップ10ランキングを紹介。羽生結弦選手が昨年の平昌五輪での金メダル以降も根強・・・・

続きを読む