中国では、毎日保護者が子どもたちの登下校を送迎する習慣がある。昼にも自宅に帰る子どもが多いので、朝、昼、夕と1日に3回は校門前が送迎の人たちでいっぱいになるが、これは日本とは大きく違う点と言えるだろう。中国メディアの今日頭条は11日、日本の子どもたちは学校に歩いて登校すると紹介する記事を掲載した。

 子どもたちが自分の足で登下校するのは日本では当たり前のことだが、なぜこれが可能になってい・・・・

続きを読む