中国は多くの分野で台頭し、技術的にもかなり向上している。高速鉄道などはその最たる例と言えるが、その一方で「自動車エンジン」の分野では日本を超えられないようだ。中国メディアの今日頭条は9日、なぜ中国製の自動車エンジンは日本を超えられないのかについて分析する記事を掲載した。

 記事が挙げた理由の1つが「武器と自動車エンジンは違う」ということだ。先進的な武器を有していなければ他国に「馬鹿にされて」しまうが、先進的な自動車エンジンがなくても馬鹿にされることはないと分析し、自動車は移動の道具にすぎないため切迫感がなく後回しにされていると主張している。

 2つ目は、中国の「自動車の歴史が短い」こと。日本は自動車の製造において時間と経験を積み、研究開発に莫大なエネルギーと費用を費やしてきたのだから、中国のエンジンよりも優れているのはむしろ当然だという。一方の中国の自動車メーカーは、早く市場シェアを獲得したいので、エンジンの研究開発から行う余裕がなく、他国から買った方が時間もコストも節約できると論じた。

 しかし記事は、長い目で見ればこのままではいけないと指摘。核心技術を掌握するのは中国にとって重要である、といつまでも日本などの他国に頼っているわけにはいかないと主張している。とはいえ、エンジンの研究開発には時間も費用も必要であり、早く目に見える形で成果を求めがちな中国企業が、エンジンの分野で「日本を超える」にはまだ時間がかかるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)