各地に河川の氾濫や堤防の決壊をもたらした大型台風19号だが、警戒されていた東京では大規模な浸水は回避された。これには「まるで地下神殿」と評される春日部の「首都圏外郭放水路」などの治水施設が運用できたことが大きいだろう。中国メディアの今日頭条はこのほど、この首都圏外郭放水路を「驚くべき災害防御施設」として紹介する記事を掲載した。

 この「地下神殿」は、世界最大級の地下放水路となっている。近・・・・

続きを読む