日本のトイレはその清潔さや整った設備などで中国人旅行者を驚かせているが、「トイレットペーパー」も中国とは違うと感じているようだ。中国メディアの今日頭条は1日、「どうして日本のトイレットペーペーはこんなに薄いのか」と題する記事を掲載した。

 中国のトイレットペーパーは全体的にごわごわしていて水に溶けにくいが、これは「トイレに流す」ことを前提に作られていないためでもあるだろう。最近ではかなり改善されてきたが、日本よりも下水管の細い中国のトイレは詰まりやすく、昔から「紙は流さない」のがマナーであり、使用済みの紙はごみ箱に捨てるのがマナーとなっている。

 そのためか、記事によると中国人は、日本のトイレットペーパーについて、質がしっかりしていて、「蝉の羽」のように向こうが透けて見えるほど薄いこと、羽毛布団のような肌触りに驚く人がいるという。

 記事は、そんな日本のトイレットペーパーは「薄いのに使用量は少しで済む」と紹介し、質の高さを伝えている。あるトイレには、「ミシン目は3つまで」という張り紙があるほどで、多めに使ってしまう人が多いものの、実際にはミシン目3つで足りるほど質が高いと紹介した。筆者は、質がしっかりしているのに水に溶けやすい理由を「牛乳パックをリサイクルしているから」ではないかと推測、日本のトイレットペーパーは質が高いばかりかエコでもあると感心している。

 トイレットペーパーに、これだけ高い品質を求めているのは日本人の生活にそれだけトイレットペーパーが重要だからと言えるだろう。記事は、カップルが同居する前に必ず確認することの1つが「トイレットペーパーはシングルかダブルか」だと紹介。日本にはほかにも、「スマホ用のトイレットペーパー」や、子どものトイレトレーニングのために開発された「うんちを拭くことで塗り絵が完成するトイレットペーパー」など様々なアイディア商品があると伝えている。

 日本のトイレ文化は独特で、トイレットペーパー1つとっても中国人を驚かせているようだ。日本のトイレは常に使いやすく、快適に、またエコにも配慮して進化を続けてきたが、今後も外国人を驚かせるような変化を見せてくれるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)