中国メディア・東方網は4日、ブラジルで開催中のサッカーU-17ワールドカップで、日本と韓国がそれぞれ決勝トーナメント進出を決めた一方で、選手の本戦出場が叶わなかった中国代表は審判団のみが本大会への出場を果たしたと報じた。

 記事は、無条件での突破には勝利が必要だった韓国は日本時間3日早朝のチリ戦で、開始わずか51秒で先制点を奪うと、前半30分にリードを拡大、その後チリに1点を返されもリー・・・・

続きを読む