中国メディア・東方網は10月31日、世界的に有名なゲームキャラクターで、リオ五輪閉会式で安倍晋三首相が扮したことでも知られる「マリオ」の生みの親、任天堂の宮本茂氏が日本政府から文化功労者の称号を授与されることになったと報じた。

 記事は、文化功労者の称号は日本政府が日本の文化事業に卓越した貢献を果たした人に対して授与するものであると紹介したうえで、現在66歳の宮本氏は任天堂のゲーム開発の・・・・

続きを読む