日本の農産物は海外でも高く評価されている。2019年上半期の農林水産物・食品の輸出額は前年同期比3%増の4486億円だったという。中国メディアの今日頭条は29日、「日本の農業はなぜ世界の先端を走っているのか」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、日本の農産物は色つやが良く、粒がそろっていて消費者に好評だと紹介。日本の農家は高品質にこだわってきたために、高額でも売れるという。そのうえで記・・・・

続きを読む