近年、中国人にとって日本は旅行先としての人気が高まっており、日本旅行に感心を抱く中国人は非常に多い。中国メディアの今日頭条は29日、「中国人が日本を訪れる際に知っておくべきマナーとタブー」を紹介する記事を掲載した。

 日本を訪れる中国人観光客の目的は以前と比べると随分と多様化した。訪日する方法も団体ツアーよりも個人旅行が人気となっていて、観光地を足早に巡るよりも、日本で「自分だけの体験」をすることを求める人が増えている。

 なかには日中の文化に違いがあることを認め、日本では「日本の習慣やマナーを守らなけらばならない」という意識を持つ中国人も増えていて、記事はこうした中国人に向けて、日本のマナーとタブーを紹介し、「日本で意図せずマナー違反の行動をして、周囲から白い目で見られることのないように」と、日本で気をつけるべきマナーについて説明した。

 たとえば、「室内に入る時は靴を脱ぐ」こと、「用意されている履物を使用したら、元の状態に戻しておく」ことなど、日本では靴や履き物には様々なマナーがあると強調しつつ、靴を履き替える習慣がない中国人にとっては「難しいマナー」であると指摘した。

 他にも、「レストランで店員を呼ぶ際は、軽く手を上げれば気付いてもらえる」ことや、「チップを渡す必要はない」こと、「寿司は一口で食べる」など、中国人観光客が日本で直面するであろう様々なシーンでのマナーを紹介。さらには日本でタブーとされる行為として、「箸同士で直に食べ物を渡すこと」や、「箸をご飯に突き立て刺すこと」といった、日本と同じく箸を使う文化の中国に存在しない箸の作法についても説明し、知らないからといって日本で恥ずかしい思いをしないようにと細かなアドバイスを与えた。

 記事に対しては、「日本を訪れるなら、日本のマナーをよく研究しなけらばない」というコメントが寄せられる一方、「リラックスするために旅行に行くのに、なぜそこまで気を使う必要があるのか」など、異なるマナーへの配慮に窮屈さを感じるという声も寄せられた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)