中国では近年、富裕層の間でニシキゴイがブームになっており、日本から輸入された高級品種が高値で取引され、現地でも品評会が行われている。これに伴い、日本におけるニシキゴイの文化に関する情報もしばしばネット上で見かけるが、東方頭条は30日、日本にはかつて200年以上も生きたニシキゴイが存在したとする記事を掲載した。

 記事は、岐阜県の東白川村で飼育され1977年に死去したニシキゴイ「花子」が、・・・・

続きを読む