近年、医療サービスを受けるために日本を訪れる中国人が増えている。当然ながら中国でも医療サービスは受けられるにも関わらず、なぜ中国人は日本で医療サービスを受けたがるのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の医療制度と医療機関のサービスは「非常に優れている」と紹介する記事を掲載し、中国人は「日中の差を熟慮すべきだ」と伝えた。

 記事はまず、日本の医療サービスと医療制度が「非常にすばらしい」ことは中国でも噂(うわさ)になっていると紹介。医療の「質」に差があるだけではなく、質以外の点でも日本は「すばらしい」のだと論じた。

 中国の病院で診察してもらう場合、まず患者や家族を悩ませるのは「順番待ちの列に並ぶこと」だ。日本ではまず近所の開業医などで診察してもらい、必要であれば総合病院で診察してもらうための紹介状を書いてもらう制度が一般的となっているため、記事は、「中国と違って、日本では比較的病状が重い患者が診療を受ける総合病院が人で溢れかえってしまうことはない」と論じた。

 続けて、日本では患者が「個室」で医者からの診察を受けることが一般的であると紹介した。中国の病院では、医者を大勢の患者が「椅子取りゲーム」をするかのように取り囲んで診察を受けるケースも多い。それゆえプライバシーが確保されておらず、時にバツが悪い状況になることもあるゆえ、中国人からすれば「日本の病院には配慮がある」と感じられるのだろう。

 さらに、「入院」が必要になった場合にも手厚い看護が受けられたり、食事も病院側が用意してくれると伝えた。中国では入院患者の身の回りの世話や食事の準備は患者の家族が行うことが一般的であるため、患者の家族にも大きな負担がかかる。他にも日本には医療保険制度があり、患者は医療費の一部を負担するだけで基本的な医療サービスを受けることができると紹介し、「こうした制度のほか、医療サービスを受けるうえでの環境や配慮など、中国人は日中の差を熟慮すべきだ」と強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)