近年は日中ともに互いの文化に触れる機会が増えているが、中国人にとって日本には奇妙に感じられる文化や習慣が複数あるという。中国メディアの快資迅は23日、「中国人から見た日本社会の奇妙な点」について伝える記事を掲載した。

 記事は、中国人の眼に映る日本には、「非常に奇妙なものがたくさんある」と主張。例えば、交通機関の混雑はどこでも見られる光景だが、「日本では台風などの災害や事故によって突発的に交通機関に遅れが生じても、皆が落ち着いて寡黙に復旧や運転再開を待つ姿」は非常に奇妙に感じられるという。そして、中国人とは全く異なる反応の仕方について「日本人は日常的に忍耐することに慣れており、上司の指示に同意できない時でも従う習慣が身に付いているから、寡黙に待ち続けることができるのではないか」と論じた。

 他にも、日本で見られる「試供品」や「お試し期間」など無料で提供されるサービスについて、「新聞やインターネットなどの定期契約から、化粧品や食べ物に至るまで、様々なものを購入する前に試すことができる」ことに驚きを示した。中国では1つ買えばもう1つ無料でもらえるという「買一送一」というセールス方法をよく見かける。とてもお得感があるが、もし品物に満足できなくても安いから仕方がないとして納得せざるを得ない。日本で見られる「購入前のお試しサービス」は、慎重な日本人の性格を表していると言えるかもしれない。

 また、手紙を送る習慣について、「日本人は新年のあいさつ、引っ越し、結婚、出産など人生の節目を手紙によって気持ちを伝える習慣がある」とし、大切なことでも直接会って伝えるのではなく、かと言って電子メールで済ませるわけでもないのは中国人からすると奇妙に感じられるようだ。

 こうして見ると日本人にとっては普通であっても、中国人にとっては不思議な習慣は多く存在していることが分かるが、今後さらに文化の理解が深まれば、日中の交流も更に意義深いものとなっていくことだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)