中国では「ネット通販」が高速鉄道やモバイル決済、シェア自転車と並んで「新4大発明」と言われている。いずれも中国で発明されたものではないが、中国で広く普及しており、特にネット通販の普及度合いは日本以上のものがある。

 中国ではネット通販で買えないものはないほどで、日用品も含めて何でもネット通販で買い物をする人が増える反面、リアル店舗はどんどん姿を消し、衰退を招いていると言われており、リアル店舗を展開している小売業の関係者のなかには危機感を抱く人も少なくない。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本ではリアル店舗であっても業績を伸ばしている企業が少なからず存在することを紹介し、「やりようによっては、リアル店舗であっても消費者から評価され、厳しい競争を勝ち抜ける」ことが分かると伝えた。

 記事は、小売業が生き残るためには「自社の強み」に徹底的にフォーカスすることが大切だと伝えつつ、日本には中国でリアル店舗を構える小売業者にとって大いに参考となる企業が数多く存在すると紹介。その一例として、顧客への対応とサービスを徹底している飲食店を紹介し、客の名前だけでなく、誕生日や味の好み、ペットに関する情報まで、あらゆるデータを通じて徹底した顧客サービスにつなげ、他の飲食店では味わえない体験を提供し、繁盛している飲食店があることを紹介した。

 また、食材を専門に扱う店舗では「商品の品質」を徹底的に追求することで、消費者の支持を獲得した事例や、安さと速さを追求して市場シェアを獲得した理髪店の事例、小さな店舗ながら毎日大勢の客が「数量限定」の美味しい和菓子を求めて長蛇の列を作る和菓子屋などを紹介。

 中国でリアル店舗がネット通販に駆逐されているのは、客にとってわざわざ足を運ぶための「価値」を提供できていないからであり、日本の事例のようにネット通販では提供できない価値を提供することができれば、リアル店舗も生き残ることができるのだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)