日本で生活をしていても、中国人を見かける機会は昔に比べるとはるかに増えている。また、メディアが中国国内の事情についてニュースとして伝える回数も増えた。今の日本人は、中国人に対してどんなイメージを抱いているだろうか。そのイメージは以前とは違うものだろうか。

 中国メディア・今日頭条は26日、日本人から見た「中国人の性格」について紹介する記事を掲載した。記事は、その印象が中国人から見て正しいかどうかについては触れず、あくまで「日本人にはこのように思われている」といった形で伝えている。

 まずは、身内や家族を大切にする点を挙げ、「中国人は血縁をとても重んじ、家族のことを非常に大切にし愛している」という印象を日本人が持っていると伝えた。また、血のつながりがない他人に対しても、一度「身内」同様の関係になれば、まさに家族に対するような情の厚さを見せるとし、それ以前のやや冷ややかな対応ががらりと変わる様子に、日本人は心を動かされると紹介した。

 続いては、「中国人はプライドが高い」という印象があり、プライドの高さゆえにたとえ自分に非があったとしても簡単には謝らないとしている。また、プライドの高さと同時にメンツを重要視する性質を持っており、「見栄を張る」という点からも中国人はなかなか謝らないと日本人は認識しているとした。

 さらに、日本人から見た中国人は「とてもストレートに自分の考えを表現する」人びとであるとも説明。問題があれば単刀直入に説明を求め、意見を言うため、婉曲表現を用いることに慣れた日本人にとっては、しばしば中国人の言動には攻撃性を感じると伝えている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)