日本と中国では「食事の習慣」にも大きな違いがあり、中国人は日本人と比べて食を重視する傾向が見られる。中国人は他人とは食事を共にすることにで絆を強められると考えるため、家族や友人だけでなく仕事などあらゆる場面で、先ず食事に招いて打ち解けた関係を築き、相手に好意を示す習慣がある。

 また、「食べ物を残す」ことに対する考え方も日本と中国では大きく異なっていると言えるだろう。中国メディアの快資迅はこのほど、日本人の食事風景を見ると中国人は驚いてしまうと伝えつつ、「日本では子どもですら食事を残さず、また偏食もせずにきちんと食べきる」と紹介する記事を掲載した。

 中国人にとっての食事は、相手に対するもてなしや好意を示す場としても使われるため、もてなす側はテーブルに乗り切らないほどの料理を注文し、相手にとにかく沢山食べるようにと勧める。当然、料理すべては食べきれずに残す結果となるが、中国人にとっては「食べきれないこと」は「満腹になった」ことを意味するため、もてなす側は「相手が食事を残してこそ、満足させることができた」として納得する。しかし、こうした寛大なもてなしの習慣によって、自分の好きな料理しか口にせず、偏食や食べ残しという悪い習慣を身に付けてしまう子どもは少なくないようだ。

 記事は、近年は中国でも節約の意識が高まってきたとはいえ、食事の場では依然として「浪費」が一般的となっているとし、「中国人が本来持っている節約という美徳を家庭から復活させなくてはならない」と訴えた。この点、日本人の食事風景を観察すると、「彩りや栄養バランスまで考えられた料理が1人分ずつ取り分けられる」のが一般的で、「残さずに食べきる」というスタイルが子どもから大人まで浸透していると紹介した。

 そして、「残さずに食べきる」という習慣は、中国にはない「日本の学校給食の制度が関係しているのではないか」と考察。日本は敗戦の経験から食料を大切にする意識があるだけでなく、「学校給食という制度によって、子どものうちからバランスの取れた食習慣と節約の意識を身に着けている」とし、これらは参考にする価値があると訴えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)