日本と中国では「食事の習慣」にも大きな違いがあり、中国人は日本人と比べて食を重視する傾向が見られる。中国人は他人とは食事を共にすることにで絆を強められると考えるため、家族や友人だけでなく仕事などあらゆる場面で、先ず食事に招いて打ち解けた関係を築き、相手に好意を示す習慣がある。

 また、「食べ物を残す」ことに対する考え方も日本と中国では大きく異なっていると言えるだろう。中国メディアの快資迅・・・・

続きを読む