日本人には細かいところまで気が付き配慮を払うという特徴がある。これは、日本のいたるところで感じられるようだ。中国メディアの今日頭条は22日、「日本人はどれほど細かいのか」と題する記事を掲載した。日本人の細かさの程度を知ると「恐くなるほど」だという。

 記事は、日本に来ると飛行機を降りた時から、見るもの聞くものすべてに日本人の「細かさ」を感じると紹介。例えば、受託荷物の扱い方について「暴力的な荷物の扱い方」に慣れている中国人は、あまりの丁寧さに驚くそうだ。ターンテーブルで流れてくる荷物を係員が1つ1つ並べていることもあり、楽器のように壊れやすいものは専用の箱に入れられ、「格差は見ての通りだ」と「恐ろしさ」を伝えている。

 空港を出てホテルに行くと、そこにも「いたるところに日本人の細かさがあふれている」という。ベッドとベッドの間にある照明は左右の一方だけをオンにしてもう一方はオフにできると紹介。隣のベッドの睡眠を妨げないように配慮した設計になっていることを称賛している。さらに、宿泊客の意見を求めるアンケート用紙の脇には、わざわざ年代別に異なる3種類の度数の老眼鏡が準備されていると紹介。その細かさを伝えた。

 ほかにも、街中では足元にデザイン性の高いマンホールの蓋を見ることができ、トイレには専用のスリッパが用意されていて、トイレ用擬音装置や消臭機能、ベビーチェアが設置されているほど親切な設計になっており、至る所に見られる日本の細かさを体験するのは「ただただ恐ろしい」ことだと伝えた。

 しかし記事は、この恐ろしさを肯定的にとらえているようで、「中国のサービス業もここまで細かさを追求できたら、絶対に爆発的な人気を得ることができるだろう」とし、中国にも取り入れられることを期待している。確かに、中国ではおおらかな人が多いためか、日本のようなきめ細やかな配慮というのはなかなか見られない。記事の言うように日本的なサービスを導入できたら商売は繁盛することだろう。しかし、実際に導入するのは中国人にとってはハードルが高いことかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)