日本を訪れる中国人観光客の増加によって、日本のリアルな姿が中国人に知られるようになってきているが、今でも中国人の間で日本の美点が過度に誇張されるケースがあるのも事実だ。中国メディア捜狐は18日、「日本人の民度の高さ」は中国で過大評価されていると主張し、中国で語られる「日本人の民度に関する神話と、リアルな日本人の姿には差が存在する」と訴える記事を掲載した。

 記事は、日本人について「世界各国から尊敬されているように、ある程度の民度の高さを持っていると言える」と主張する一方、一部の中国人が吹聴するように「日本人の民度の高さは『伝説的』と呼べるほどのレベルに達しているのだろうか」と疑問を投げかけた。

 たとえば、中国では「日本の街中にはたった1つのごみすら落ちていない」、「日本では電車の車内で話をする人はおらず、電話に対しても小声で対応して切る」という話が紹介されていると伝え、「日本人は誰もがモラルが高く、マナーを厳守する」と中国では語られていると指摘する一方、「こうした話は本当の日本人の姿とは多少の違いがある」と論じた。

 続けて、日本の風物詩ともいえる夏の花火大会では会場に大量のごみが捨てられているのが当たり前になっていることや、ハロウィンの期間にも渋谷の街中がごみだらけになるのも例年のことだと指摘し、中国で語られる日本人の「伝説」とは大きな差があると主張した。

 また、日本の夜の街では酔っぱらって騒ぐ人の姿を見かけるとし、スーツを着て大声で騒ぐ日本人について、「中国人は人前で酩酊状態をさらすことはしない」と強調。「もちろん、日本人のモラルが低いとは言わない」としながらも、「日本人の民度を過度に評価し、神話化するのは客観性に欠ける」と主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)