中国メディア・網易体育は23日、サッカーAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝で広州恒大が浦和レッズに敗れ、同大会決勝トーナメントでの対日本勢無敗神話が崩壊したことを報じた。

 広州恒大は先日アウェーで行われた準決勝第1戦で浦和に0-2で敗れており、ホームで行われる23日の第2戦では3点差以上の勝利が突破の基本条件になっていた。試合開始から積極的に攻めた広州だったが浦和守備陣の堅い守りにゴールが奪えず、逆に後半5分に興梠慎三のヘッドで先制されてしまった。

 窮地に立たされた広州はさらに攻勢を強めるものの1度もゴールネットを揺らすことはできず、結局0-1でフィニッシュ。第1戦との合計が0-3となり、広州の準決勝敗退が決まった。

 記事は、これまでのACL決勝トーナメントにおける広州の対日本勢との対戦成績を紹介。最初に日本勢と当たったのは2012年の1回戦で、この時はFC東京を下したとしている。その後13年には準決勝で柏レイソルに2戦で8-1と圧勝、14年は1回戦でセレッソ大阪と対戦し、アウェーで5点を奪って勝利したと伝えた。

 さらに15年には準々決勝で柏に、準決勝でガンバ大阪にそれぞれ勝利し、17年の1回戦では鹿島にアウェーゴール差で辛勝、鹿島とは今年の準々決勝でも対戦してやはりアウェーゴール差で勝ち抜け、ここまでで対日本勢7連勝をマークしたことを紹介している。

 そして、8連勝をかけて挑んだ今日の試合で、広州の「抗日無敗神話」はついに終焉を迎えたとした。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)