中国ネットユーザーたちの間でよく話題になるテーマの1つに「日本人の性格」がある。たとえば、多くの中国人は「日本人は冷淡だ」と考えているようで、これは日本人の「人間関係の距離感」が中国人同士に比べて「遠く感じられる」ことが理由のようだ。

 中国メディアの今日頭条は16日付で「日本人は本当に冷淡なのか」と題する記事を掲載し、中国式の人付き合いに慣れている中国人にしてみれば「一定の距離感を保つ」日本式の人付き合いは冷淡に感じられるとする一方、適度な距離を保つことで問題の発生を減らせることができ、快適な関係を楽しむうえでは大切な要素だと論じた。

 記事は、日本旅行を経験し、実際に日本人と交流を持ったことのある多くの中国人たちは、「日本人は冷たいという見方に対して、力の限り反対する」と説明。買い物をすれば日本人の店員の態度はすばらしく、一般の日本人に道を訊ねれば丁寧に教えてくれるか、もしくは目的地まで道案内することさえしてくれるとし、こうした行動をとる日本人を「冷淡」の一言で評価するのは間違っていると論じた。

 その一方で、日本人は中国人に比べると自分の家族にすら関心を持たないという一面があるとも指摘。自分の兄弟がどこでどんな仕事をしているかを知らない日本人もいるとしたほか、学校内におけるいじめや子供たちの自殺という深刻な問題もあると説明、日本社会には「この種の冷淡さ」が存在するのも事実であり、日本人は親切である一方で、冷淡な一面も持っているのだと論じた。

 では中国人は人に対して温かいのだろうか。中国人のなかには初対面の人であってもすぐにうちとけることができる人は多く、ある程度うちとけた後の人間関係の距離感は確かに日本人以上に近い。しかし、見ず知らずの人に対しては日本人以上に冷たいのも事実だろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)