中国メディア・海外網は16日、日本の児童に低体重児も肥満児も少ないのは、栄養バランスの整った学校給食を食べているからだとする記事を掲載した。

 記事は、ユニセフが先日発表した報告で、日本では乳児の死亡率が低く、体重不足の児童も少ないとの見解が示されたと紹介。また、一方で児童の肥満率も極めて低いとし、5-19歳の未成年者における体重超過または肥満の割合が15%弱にとどまっているとした。 ・・・・

続きを読む