中国は日本以上の学歴社会であり、子どもたちは幼い頃から知識を詰め込むための勉強に追われる。こうした知識偏重型の教育による弊害として、中国では子どもたちが「応用力や協調性に欠ける大人に成長してしまう」という点が問題視されている。

 一方、日本では幼少のうちは知識よりも社会に出てから役立つ教育が重視される傾向にあり、これに驚く中国人は少なくない。中国メディアの快資訊は9日、日本人が子どもたち・・・・

続きを読む