中国には、わがままで手が付けられないわんぱくな子どもを意味する「熊孩子(ションハイズ)」という言葉がある。同じ読みの「凶(ション)」をあてたものだが、それと比べれば、日本の子どもたちは非常に聞き分けが良いと言えるだろう。中国メディアの今日頭条は10日、どうして日本には悪ガキが少ないのかと題する記事を掲載した。

 記事はまず、日本では「悪ガキはドラマにしかいない」と紹介。ドラマの中に出てく・・・・

続きを読む