旭化成の吉野彰名誉フェローが2019年のノーベル化学賞を受賞した。近年、日本人が相次いでノーベル賞を受賞していることに対し、中国ではその理由を考察する報道が相次いでいる。

 中国メディアの今日頭条は11日、2019年のノーベル賞が「再び日本人の手中に収まった」と伝えつつ、多くのノーベル賞受賞者を輩出できる日本について「中国はそろそろ真剣に分析し、日本に対する見方を変える必要がある」と主張・・・・

続きを読む