2000年代に入ってからかなりのペースでノーベル賞受賞者を輩出している日本。2019年は「リチウムイオン電池」を開発した吉野彰氏ら3人がノーベル化学賞を受賞した。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本は「どうやって19年間に19人という超ハイペースでノーベル賞受賞者を輩出したのか」と題する記事を掲載した。

 リチウムイオン電池はスマートフォンなどに広く使われ、太陽発電や風力発電などの蓄電・・・・

続きを読む