中国メディア・人民網は10日、今年も日本からノーベル賞受賞者が出た一方で、日本は未来の科学分野における地位に対して憂慮を抱いているとする記事を掲載した。

 記事は、今年のノーベル化学賞に、リチウム電池の開発研究を行った吉野彰氏が米国、英国の研究者とともに輝いたと紹介。2000年からの19年間で、日本から19人が自然科学系のノーベル賞受賞者を輩出したことになると伝えた。
続きを読む