2019年のノーベル化学賞はリチウムイオン電池を開発した旭化成の吉野彰名誉フェローら3人に贈られることが決まった。中国メディアの今日頭条は10日、日本人がまたノーベル賞を受賞したと驚きとともに伝え、「21世紀になってから日本は19人ものノーベル賞受賞者を輩出したことになる」と報じた。

 記事は、吉野氏の功績がなければ「我々がいつも持っているスマートフォンはまるで爆弾のように容易に爆発した・・・・

続きを読む