中国では、不動産=投資の対象という見方が一般に根強く「お金ができればまず家を買う」というのが常識のようだ。そのため、「なぜ日本は貯金があっても家を買いたがらないのか」との疑問が湧くようだ。

 中国メディア不凡智庫がその疑問に答え、4つの理由を挙げて説明しつつ、そうした日本人の考え方に驚きの声を上げている。 1、不動産価格は下がることもあると知っているから

 バブ・・・・

続きを読む