中国メディア・東方網は6日、ドーハで開かれている世界陸上の男子400メートルリレーで日本が銅メダルを獲得する一方、中国は6位に終わったと報じた。

 記事は、日本時間6日未明に行われた同種目決勝で、中国はアンカーを務める予定だったエース謝震業が予選で負傷して欠場するなかで全力を出し切り、38秒07の6位でフィニッシュしたと紹介した。

 そして、中国は3走終了時点で5番手・・・・

続きを読む