中国メディア・東方網は2日、カタール・ドーハで開かれている世界陸上で注目を集めていた男子短距離の「日中対決」は、100メートル走、200メートル走の両方で中国が日本に完勝したと報じた。

 記事は、2日に行われた男子200メートル走決勝で中国の謝震業選手が20秒14のタイムを出し、中国勢としては過去最高の7位に入ったと伝えた。また、謝選手は先日の100メートル走で決勝に進めなかったものの1・・・・

続きを読む