中国メディア・東方網は26日、日本を旅行などで訪れた際に気を付けるべき行動の中で、特に物を食べる時に留意しなければならない点を紹介する記事を掲載した。

 記事は、まず気を付けるべき点として、路上での飲み食いを極力避けることを挙げた。そして、買った食べ物や飲み物を歩きながら口に含むという行為を日本人はあまり好まず、座れる場所や立ち止まれる場所を見つけたうえで飲み食いし、完食してから再び歩き出すとし、「中国のように屋台などの食べ物を頬張りながら通勤するといった光景は見られないのだ」と伝えた。

 そのうえで、日本の社会では他人に迷惑をかけないことが非常に重んじられており、日本人は歩きながらの飲み食いはぶつかった時に相手の服などをを汚しかねないと考えるため、他人に迷惑が掛からない場所を探して、他人に迷惑が掛からないように飲み食いするのだと説明している。また、ドラッグストアや服飾店、アウトレット店などの中で飲み食いをするのも厳禁だと紹介した。

 そして、もう1つの「やってはいけないこと」として、箸どうして食べ物を受け渡しすることを挙げている。記事は、「みんな食事の時に箸と箸を使って食べ物を受け渡しすることがあるだろう。特に恋人どうしではより親密な行動と見なされるが、この動作は日本では禁忌である」と紹介。葬儀で火葬を終えた骨を骨壺に入れる動作を想起させることから、日本ではくれぐれもやらない方がいいとしている。

 食事に関するマナーをすべてマスターするのはネイティブの日本人でも難しい。しかし、一方で、外国の人であっても守って欲しいルールがあるのも事実だ。お互いに気持ちよく食事をするためにはやはり理解と協力が必要だ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)