中国メディア・東方網は25日、日本のサッカー博物館を訪れて、中国のサッカーは全面的に日本に後れを取っていることを感じたとする記事を掲載した。

 記事は、18日に鹿島で行われたアジアチャンピオンズリーグ準々決勝の鹿島アントラーズ―広州恒大を観戦後、帰国する前に東京の日本サッカー協会本部近くにある日本サッカーミュージアムを訪れたと紹介。約2時間の参観の中で非常に多くの感慨を覚えたとした。 ・・・・

続きを読む