中国メディア・東方網は23日、日本の鯛焼きについて「本物の魚は入っていないが、日本に行ったら必ず食べて帰る観光客がいるほど人気の食べ物だ」とする記事を掲載した。

 記事は、鯛の形をした鉄板の上で焼かれている鯛焼きの写真を掲載し「この食べ物が何か、知っている人もいるだろう」としたうえで、日本でとてもポピュラーなスナックフードの鯛焼きであると紹介。「鯛」という名前が付きながら本物の鯛や他の魚の肉は一切使われていないが、日本を旅行に訪れる中国人観光客の多くがこの鯛焼きを好んで食べるとした。

 そして、鯛焼きの作り方は実にシンプルであり、まず鉄板に小麦粉などを水で溶いた生地を流し込み、そこに小豆あんやクリーム、ゴマあんなどを乗せ、再び生地を流し込んでこんがりきつね色に焼き上げたら出来上がりだと紹介している。

 生地が焼ける音や鉄板を合わせる音に加え、周囲に漂う甘くて香ばしい香りが食欲をそそり、ついつい買って食べたくなるのが鯛焼きだ。大判焼今川焼とほぼ同じ食べ物ではあるが、ひれの部分のパリッとした食感は鯛焼きにしかない大きな魅力と言える。

 記事は「食べ歩きが好きな人にとっては、鯛焼きは非常に魅力的なフードだ。中国ではあまり見かけないうえに、非常においしい」とし、日本に行くチャンスがあればぜひ一度試してみるべきだと伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)