統計によると、2018年に日本を訪れた外国人観光客3000万人のうち、3分の1を超える800万人は中国人ということだ。中国の所得も拡大し、今やいろいろ旅行地の行き先がある中でも、なぜこれほど中国人は日本旅行が好きなのか。

 中国メディア蝸牛旅行はその理由を分析し、「理由は6つある」と述べた。

1、清潔な環境
 中国人が日本から帰ってきてまず口にすることは「日本は清潔だった」だろう。なぜ日本はこれほど清潔なのだろうか。日本の徹底したごみの分別、環境汚染への高い基準、ごみのポイ捨てを禁じる法律、そして何より日本人の道徳心が理由、と分析している。

2、徹底したサービス
 日本で受ける「笑顔」のサービスに、多くの中国人が満足しており、そのサービスも「徹底的」と描写されている。商品をドアまで運んでくれるサービスにも感動し、親切で、親しみ深い接客に称賛の声を上げる観光客は少なくないようだ。

3、交通の便利さ
 中国の大都市だけでなく、様々な都市から日本への直行便が就航していることから、なによりも「身近な海外」であることは外せない理由だろう。さらに、日本国内の交通も発達しており、交通の面での旅行のしやすさは人気の大きな要素の一つだ。

4、特色ある文化
 食、ことば、衣服、マナーなど、日本には独特の文化がある。観察していると、中国文化と似たところもあり、それが中国人にとっては新鮮に感じられるようだ。さらに、武士や、桜、酒と言った古来からの文化に加え、アニメやエンターテインメントといった現代の文化まで、さらに和洋折衷、古今東西、日本文化と様々な文化との融合が、今も観光客の興味を駆り立てている。

5、ショッピング
 国際都市日本では、世界のあらゆるものが購入できるだけでなく、どの場所でも一律で比較的安い価格で買える。しかも、日本では店頭での根気強い値下げ交渉も必要ではないため、安心して気軽に低価格で買い物ができる、多くの中国人観光客が理想の都市と考えているようだ。

6、目を奪われる景色
 日本の観光スポットに見られる、史跡と自然の融合、きれいな街並みを散策しながら、ゆっくりと景色を楽しめる観光体験により、多くの中国人に「忘れらない、また行ってみたい国」という感想が生まれているようだ。

 こうした観光資産は間違いなく大切な日本の資源であり、これからも守り、発展させていく必要がある。「爆買い」だけではない、日本にしかない観光資源を再発見し、守り、発展させる必要があるのかもしれない。(編集担当:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)