「もったいない」という言葉に代表されるように、日本人が食べ物を大切にすることは有名だ。日本の家庭では、子供はお茶碗のご飯を残さないようしつけられ、学校給食でも食べ残しがないよう担任の教師から教えられる。こうした「もったいない」精神を通し、子供たちは自然と食べ物への感謝と、食べ物をむだにしないよう徹底的に教育される。

 とはいえ、「こうしたもったいない精神がある日本で、どうしてこれほど食品・・・・

続きを読む