日本の国内総生産(GDP)は今でこそ中国に抜かれて世界3位だが、米国に次ぐ2位となったのは1968年のことだった。日本は国土面積も人口も圧倒的に中国に劣っているにもかかわらず、アジアでいち早く成長を遂げた国と言える。

 しかし、中国人からすると「不利な環境下であるにもかかわらず、日本が大きな発展を遂げた」ことが不思議でたまらないようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本は国土面積の小・・・・

続きを読む