東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が16日に行われ、2名の五輪代表が決まった。中国メディアの今日頭条は16日、このMGCから日本人マラソン選手の武士道精神を見たと感動を伝える記事を掲載した。

 今回のレースは、最後まで目が離せない激戦となった。優勝候補とみられていた「4強」の選手ではなく、5、6番手とみられていた中村匠吾選手が優勝を決めたからだ。記・・・・

続きを読む