中国メディア・東方網は11日、中国で開かれた男子バスケットボール・ワールドカップで、日本も中国も同じように不本意な成績で終わった一方で、両国の自国代表に対する姿勢が全く違っていたとする記事を掲載した。

 記事は、今大会で中国が24位とW杯開催国としては最低の成績に終わったとし、選手にしろ、管理チームにしろ、叱責と批判を受けるに至ったと紹介。一方、1勝もできずに大会を終え、米国には記録的な・・・・

続きを読む