日本は経済成長率が低迷し続けており、「失われた20年」や「失われた30年」などと言われているが、それでも今なお先進国であり続けている。一方の中国は、経済成長が長く続いており、世界第2位の経済大国となったが、まだ開発途上国のままだ。中国メディアの今日頭条は8日、「日本は経済が衰退して20年以上も経つのに、なぜ今でも先進国なのか」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、日本がどのように「経済・・・・

続きを読む