中国メディア・今日頭条は6日、「日本ではどうして銃撃による犯罪がほとんど起きないのか」とする記事を掲載した。

 記事は、条件さえ合えば日本では銃を手に入れることができるにも関わらず、銃の所持率が低く、なおかつ銃撃による犯罪が少ないとしたうえで、その理由を3つ挙げて説明している。

 まず1つめは、所持可能な銃の種類が限られていることだとし、日本ではスポーツ射撃で用いられる銃を除けばエアガンと猟銃のみを購入、所持できると紹介。エアガンや猟銃は拳銃に比べると体積が大きく、所持していることを周囲から気づかれやすいことが犯罪の抑止につながっていると伝えた。

 2つめの条件に挙げたのは、銃を販売している店が非常に少ないこと。国が認める銃砲店を少なくすることで、市場に流通する可能性がある銃の数を効果的に抑えることができると説明している。

 そして、3つめには、銃の所持者はみな警察に登録をする必要があるなど、制度面がしっかりしている点を挙げた。銃を使用した事件が起これば、警察は登録情報から所持者の情報を速やかにたどり、すぐに容疑者を特定することができると伝えた。

 そのうえで記事は、「日本の銃規制の仕方は非常に考えられている。もし米国でもこれほど厳しい管理ができていれば、市場に銃があふれることもないだろうに」と結んでいる。

 日本では銃の所持が厳しく規制されているが、すべての人がすべての銃の所持を禁止されているわけではない。記事の作者は、日本の状況について「銃の所持は原則禁止」ではなく、「銃の所持は認められているが、厳しい条件が課せられている」と認識したようだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)