中国メディア・今日頭条は6日、「日本ではどうして銃撃による犯罪がほとんど起きないのか」とする記事を掲載した。

 記事は、条件さえ合えば日本では銃を手に入れることができるにも関わらず、銃の所持率が低く、なおかつ銃撃による犯罪が少ないとしたうえで、その理由を3つ挙げて説明している。

 まず1つめは、所持可能な銃の種類が限られていることだとし、日本ではスポーツ射撃で用いられ・・・・

続きを読む