日本は治安が良く、落とした財布まで返ってくると評判だ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人は自転車にカギをかけないと紹介する記事を掲載した。盗まれるのが恐くないのかと疑問を投げかけている。

 記事はまず、日本を「アジアで一番の自転車大国」と紹介。ヨーロッパでは自転車が生活に浸透しているが、アジアではバイクや自動車などが主な交通手段として使用されている。中国の場合は電動バイクが多く、必要かどうかは別にしてメンツのために自動車を購入する人も多く、渋滞の一因ともなっている。

 そのため記事の中国人筆者は、大阪に来て自転車の多さに驚いたようだ。しかも、日本では「ママチャリ」を見ることが多く、日本人にとっての自転車とは「生活の足」らしいと中国との違いを指摘した。中国では、自転車は子どもやお年寄り、あるいは貧しい人の乗り物という印象が強いのに対し、日本では「地位や身分に関わりなく生活の足」になっていると伝えている。

 しかし、それよりも驚いたというのは「自転車にカギをかけない」ことだ。「盗まれることを恐れないのか」と思ったそうだが、日本には防犯対策として自転車防犯登録制度があると知って納得し、「すばらしいシステム」と感心している。

 では、なぜそんな「すばらしいシステム」が、日本にはできて中国ではできないのだろうか。記事の筆者は、日本では法が整備された結果、代償を考えて誰も盗まなくなったと指摘。さらには「子どものころからの教育」も大きく、小さな子どもでも「財布を拾ったら交番に届ける」という意識が刷り込まれているので、自転車を盗もうという人があまりおらず、自転車にカギを締めなくても良いのだと結論付けた。

 自転車にカギをかけないというのは、中国では「盗んでください」と言っているのようなものだ。記事に対して、日本では確かに治安が良くて「警察を全然見かけなかった」と感心する人がいる一方、中国の治安を嘆き「3年で自転車を7台も盗まれた」という人や、「彼らは共に助け合い、我々は破壊し合う」と日本との違いを指摘する人もいた。多くの面で日本に追いつき追い越したと主張することの多い中国だが、自転車の防犯という面では日本の方が進んでいるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)