不動産経済研究所が8月19日に発表したデータによると、首都圏の新築マンションの発売戸数が43年ぶりの低水準となっており、「世界一希望のない状況」とさえ言われているようだ。一方の中国では不動産の高止まりが続いている。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国でも日本のようなバブル崩壊が訪れるのかを分析する記事を掲載した。

 明らかにバブル化している中国の不動産市場を見て、日本のバブル崩壊の二の・・・・

続きを読む