日本の中華街と言えば、横浜、長崎、神戸が三大中華街とされており、観光地としても国内外の旅行者の間で人気を集めている。しかし、日本では、中国人の増加を受けてこれまでの中華街とは違う「新しいチャイナタウン」が各地にできつつあるという。中国メディアの今日頭条はこのほど、「新時代の華僑が作るリトルチャイナ」を紹介する記事を掲載した。

 記事の言う「リトルチャイナ」は日本のどこに出現してきたのだろうか。記事がまず紹介したのは「池袋」だ。中華料理店や中国雑貨、書店、旅行会社など、中国人が経営する店舗が多く並んでいると伝えた。

 また、「埼玉県川口市」もリトルチャイナ化していると紹介。東京からほど近く、昭和50年代に建設されたマンモス団地「芝園団地」は、礼金も保証人も必要なく、国籍も問わず、独身でもファミリーでも誰でも入れるとあって、新華僑の多い土地柄だと紹介。特に、西川口駅周辺は不動産価格が安いため、中国人が集まって店を出しやすい背景もあると伝えた。

 さらには、中国人に大人気の「早稲田大学」付近にも、自然と中国人留学生向けの店が増えていると記事は紹介。大学付近には中国人向けの語学学校や予備校もあるため、かなりの需要があるという。

 記事は最後に、「大阪新今宮駅南口」も紹介。ここにあった大きな商店街は閉店する店が続出しシャッター街となるところだったが、中国人が店を開くことで街に活気が出てきた、と「地元の生活に密着した中国人の多い商店街」という「今どきのリトルチャイナ」の特徴を紹介している。

 こうしてみると、昔からある中華街とは別に、中国人の多く集まる街が日本中にいくつか存在することがわかる。その多くが、安い不動産や留学生の多い街などに集中し、地元住民との共生を模索しながら新たな形を作っているようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)