日本の中華街と言えば、横浜、長崎、神戸が三大中華街とされており、観光地としても国内外の旅行者の間で人気を集めている。しかし、日本では、中国人の増加を受けてこれまでの中華街とは違う「新しいチャイナタウン」が各地にできつつあるという。中国メディアの今日頭条はこのほど、「新時代の華僑が作るリトルチャイナ」を紹介する記事を掲載した。

 記事の言う「リトルチャイナ」は日本のどこに出現してきたのだろ・・・・

続きを読む