中国メディア・東方網は1日、バスケットボール男子ワールドカップ1次リーグで日本がトルコに67-86で完敗したと報じた。この敗戦について記事は「アジアバスケの弱い点が露呈した」と評している。

 記事は、大会開幕前に日本の渡辺雄太選手が1次リーグ2位を狙う発言をしたと紹介したうえで「トルコ戦後、彼は冷静になったはずだ」とし、日本がトルコに叩きのめされたと伝えた。

 そして・・・・

続きを読む