米国は過去に、中国によるサイバー攻撃で軍事情報をはじめとする様々な機密が盗まれたと中国を批判したことがあるが、ジョン・ボルトン米大統領補佐官は28日、中国が米国の最新戦闘機F35の技術を盗んだと批判したという。

 中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報(電子版)は29日、ボルトン米大統領補佐官は「中国の戦闘機がF35に似ているという理由だけで、中国が技術を盗んだと批判した」と伝えた。 ・・・・

続きを読む