IDC Japanによると、日本国内のフィーチャーフォンおよびスマートフォン端末の2019年第2四半期の出荷台数では、アップルが1位をキープし、2位以降はシャープ、サムスン、富士通、京セラと続いた。これは、国際市場におけるシェアとは大きく異なっている。中国メディアの今日頭条は24日、「日本製品を愛する日本人こそ愛国者なのか」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、日本市場では日本メーカー・・・・

続きを読む