中国メディア・東方網は28日、国際バドミントン連盟が発表した世界ランキングで、日本が3部門で1位を獲得したのに対し、中国は1部門に留まったと報じた。

 記事は、スイス・バーゼルでの世界選手権が閉幕し、各部門の世界ランキングにも変動が出たと紹介。最新のランキングでは日本が男子シングルス、女子シングルス、女子ダブルスの3部門で1位となる一方、中国勢では混合ダブルスの鄭思維/黄雅瓊ペアが1位を・・・・

続きを読む