中国メディア・東方網は26日、スイス・バーゼルで25日に行われたバドミントン世界選手権女子シングルス決勝で日本のエース・奥原希望選手がインドのシンドゥ・プサルラ選手に敗れて銀メダルに終わり、2分間にわたって涙を流し続けたと報じた。

 記事は、同決勝において奥原選手がプサルラ選手に7-21、7-21のストレートで敗れ、世界選手権金メダルを逃したと紹介。「試合を見た感じでは、奥原は完全にプル・・・・

続きを読む